[松前町] 大津〜茂草までの海鱒ポイント

海鱒・鮭サーフ河口漁港
松前町大津〜茂草

保護水面が3本流れ込むエリアです。

このエリアは大鴨津川、小鴨津川、茂草川と3本の保護水面が流れ込む好ポイントが連続しています。

小さなワンドも連続し、砂浜、玉砂利浜、岩礁、バラ根などポイントも変化に富んでいます。

河口規制のある3河川も規制開始が6月1日からと海アメ、海サクラねらいには影響も小さいです。

Target

魚種時期
アメマス12月〜6月
サクラマス12月〜6月

Catch information

情報はありません。

Map

Loading・・・

ポイント詳細

大鴨津川〜小鴨津川河口

保護水面の大鴨津川から小鴨津川の中間地点に立岩と呼ばれる岬状の磯があり、この磯を挟んで左岸側、右岸側で潮流が異なり釣果が左右されます。

立岩側から潮が流れる場所が良い結果がでます。1ヶ所にとどまらずにラン&ガンで広く探りたいポイントです。

清部漁港周辺

12月から1月のイワシ類、2月のヨコエビ、3月下旬の鮭の稚魚と、シーズンを通して釣りが出来るポイントです。

海岸は玉砂利で濁ることがなく、北西風の影響も少ない。

ポイントは広く点在してますが、ワンド中央の根回りが狙い目。

棚石川河口[通称:小浜]

河口右岸に小さな岬が張り出しているので北西風に強く、大鴨津、小鴨津、二越などがシケで釣りにならないときに逃げ場になるポイントです。

毎年2月中旬からヨコエビが産卵のために棚石川に押し寄せ、これを狙いにアメマス、サクラマスがカケアガリ付近を回遊します。

また、3月になるとワンド左に流れ込む保護水面の茂草川から鮭の稚魚が入ってきます。

ここは、カケアガリが近いので、足元まで丁寧にリトリーブすることが大事。

茂草川河口

保護水面の茂草川河口周辺は小砂利のサーフです。ただ、全体的に浅く魚の回遊が少なめ。

とりあえず竿を出してダメならば移動というアングラーが多いポイントです。

コメント

安全第一

powered by amazon Product Advertising API

松前町にある宿

津軽海峡の海の幸を堪能できる最北の城...

クチコミ評点4.3点

1人7,560円~

北海道新幹線 停車駅の宿★全客室より津...

クチコミ評点4.4点

1人4,000円~

開湯約800年!北海道最古の温泉で疲れを...

クチコミ評点3.5点

1人5,660円~