羽毛布団をコインランドリーで洗ってみた。

weblog

キルティング加工してないのは羽毛布団は危険らしい。

つい先日、押し入れの整頓をしていると春と秋口に使っている薄手の羽毛布団が目に入った。

汚い…

今年の春使ってたがこんなに汚かったか?ってくらい汚い。

捨てるしか無いかぁ…と思ったが、洗濯できねぇのか?と、タグを見てみるとドライ洗濯のみ…

ううううぅ。

google先生に聞いてみる。

お!、あるじゃない!。

出来ないこともないようだが自己責任ってことだな。

キルティングしてあることが絶対条件のようだ、キルティングしていないと羽が偏るらしい。

いいや、どうせ捨てようと思ったし、キルティングしてあるし。

ダメ元で洗濯してみようと、こ汚い布団を持ってコインランドリーへ向かった。

日曜だったが意外と空いていた、だが、着いたはいいが両替機が無い…。直ぐ横のスタンドで両替してもらった。

洗濯機選択、薄い羽毛布団だけ洗いたいのに10kgだとか15kgとかデカイのしか無い。

よく周りを見ると、お!!7kg発見!!。

あ!!洗剤…と焦ったが、洗剤不要の文字、一安心です。

1回400円で30分回る、30分間時間調整だ。

30分経過、既に洗濯は終わっていた、ちょっと心配だったが洗濯機を開ける。お〜〜布団は無事、ただ、まだ汚い…もう30分回すことにした。

更に30分経過、洗濯機を開ける。

お〜〜布団も無事だし、汚れも結構取れたぞ!!。

上手くいったようだ。またまた一安心。

後は乾燥機だ、8分100円だ、100円玉が3枚しか無い、とりあえず300円投入、終わるのは24分後だ。

また時間調整、これはこれで結構しんどい…。

30分後戻る、まだ動いている、クールダウンしてるらしいが、長い…。

やっとクールダウンも終わり(10分位クールダウンしてたぞ)、乾燥機オープン!!。

お!!温かいぞ!!。ふかふかだ!!。完全勝利!!

完璧に乾いていた。

これが出来上がり、これでも結構きれいになったほうだ。

これはダイ○ーの羽毛布団圧縮袋、100円だ。

このまま秋まで、押し入れに保管。

クリーニングに出す事も出来たが、なんせ4〜5000円くらい掛かる。

コインランドリーに行って正解だったようだ。

今回かかった金額は、洗濯機を2回400円✕2=800円、乾燥機に8分100円✕3=300円。

1100円で済んだ。

コメント