リグ(仕掛け)

ルアービギナーズ

リグは多種多様。状況に応じて選択を。

ソフトルアーで釣りをする場合、リグと呼ばれる専用の仕掛けを使います。

リグ(仕掛け)は元々アメリカでブラックバス用に考えられた物で、日本でも古くからブラックバス釣りで使われています。

リグの種類は多種多様で、それに伴いリグを組むためのタックルも必要になってきます。

ここでは、ロックフィッシュで主に使うリグとリグ用のタックルを幾つか紹介します。

主に使うリグ

ジグヘッドリグ

オールマイティーに使える定番のリグです。

ジグヘッドのフックにソフトルアーを通して使います。フッキングしやすいですが根掛かりもしやすいのも特徴です。

スプリットショットリグ

ラインにワームフックを結び、結束部から25cm〜50cm前後(これはお好みで)にスプリットショットシンカーをラインに噛ませて使用します。

リトリーブはもちろん、ストラクチャー周辺を探るのにも向いています。

シンカーが底についているが、ソフトルアーはフワフワ浮いているイメージ。

ダウンショットリグ

アンダーショットリグとも呼ばれ、投げ釣りの胴付き仕掛けのイメージです。

ラインにダウンショットシンカーを結び、結束部から25cm〜50cm前後(これもお好みで)の所にワームフックを結び使用します。

ボトムから一定のレンジ(層)を探りたい場合に有効です。

メバキャロリグ

専用のフロート(浮)を使用するリグです。

フロートの重さを利用して、軽量なソフトルアーを遠投できます。

また、フロートといっても浮かずにゆっくり沈むので、同じレンジ(層)を効率よく探れます。

ネコリグ

ワームの中央にフックをセットするのと、ネイルシンカーをソフトルアー自体に差し込んで使用するリグです。

バス釣りでは一般的なリグですが、ロックフィッシュにも効果大です。

ネイルシンカーを差し込まない場合はワッキーリグといいます。

テキサスリグ

テキサスリグ用の中通しオモリ(バレットシンカー)にラインを通しワームフックを結んで使用するリグです。

主にボトムストラクチャーを探る場合に使用します。

根掛かりも少ないのも特徴です。

キャロライナリグ

ラインに重めの中通しオモリ(ナツメオモリやバレットシンカー)を通しスイベルをセットし、その先にリーダー(道糸より太いライン)を結びワームフックをセットして使用するリグです。

誘い方はスプリットショットと同じですが、重めのシンカーを使うことで飛距離を稼げます。

リグ用タックル

ジグヘッド
シンカー(錘)とフック(針)が一体化したジグです。シンカー部分はヘッドと呼ばれ、ラウンドヘッド、フットボールヘッドなどのタイプがあり、シンカーの重さ、フックの大きさ、カラーなど、様々なタイプが市販されています。
ワームフック
ソフトルアー専用のフックです。主にオフセットタイプとストレートタイプに分けられます。
バレットシンカー
主にテキサスリグで使用するバレット(砲弾型)の中通しシンカーです。型、重さ、カラーなど種類も豊富です。また、最近は比重が大きいタングステン製のものが多いです。
ダウンショットシンカー
ダウンショットリグ専用のシンカーです。最近は数多くのタイプが市販されています。
スプリットシンカー
中央に溝を切ってあるオモリで”噛み潰し”とも呼ばれています。切られている溝にラインを挟み込んで使うのですが、ラインが傷むことがあり、最近は中通しタイプの物もあります。
キャロライナシンカー
重さのある中通しオモリ。バレットシンカーやナツメの形をしたナツメオモリなどを使用します。
飛ばし浮き
軽量のスモールルアーを使いたいが、飛距離も稼ぎたい。といった時に使うキャストアシスト用の浮きです。
その他ツール
スイベル(寄り戻し)は主に幹糸とハリスやリーダーを結束するための金具で糸ヨレ防止にもなります。ビーズは結束部の保護や、魚へのアピール力をあげる効果があります。

まとめ

ロックフィッシュやライトゲームで使う、リグ(仕掛け)やタックルを紹介しました。

ロックフィッシュをねらう場合、やはり根掛かりは避けられません。特にフックやシンカーはサイズ、重さごとに各20セットは用意しておきたいですね。

フックサイズなら#2〜#02、バレットシンカーなら1/8oz.(3.5g)〜3/8oz.(10.5g)までを揃えておけば十分でしょう。

コメント

安全第一

価格 : 583円

ストア評価:4.5

送料: 設定無し

価格 : 292円

ストア評価:5.0

送料: 設定無し